ヨーグルトのホエイが乳首の黒ずみに効く理由

ヨーグルトのホエイの乳首への効果

食べることで腸内環境を整え、からだの内側から綺麗にしてくれるヨーグルトですが、
食べるだけでなくヨーグルトに含まれるホエイ(乳清)には、さまざまな美容効果が期待できるとして、今注目を集めています。

 

ホエイの効果

抗炎症作用
ピーリング効果
抗酸化作用
保湿効果

     

    抗炎症作用

    インナーとの摩擦や産後の頻回授乳などの刺激で、どうしても日々、炎症を起こしやすい乳首です。
    炎症を起こし、放置するとよくよくは色素沈着(=乳首の黒ずみ)へと繋がってしまいますが、
    ホエイには炎症を抑えてくれる効果もあるのです。

     

    ピーリング効果

    乳首はインナーとの摩擦や授乳により、皮膚が分厚く発達しやすい箇所です。
    分厚くなると肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が溜まり、結果より乳首が黒く見えてしまう原因に。
    ホエイパックをする事で、古く厚くなった角質をやわらかくし、
    老廃物を取り除いたり排出するのを促進する効果が期待できます。

     

    抗酸化作用

    乳首の黒ずみの正体はメラニンですが、ホエイにはそのメラニンを作り出す活性酸素の働きを
    抑制してくれる効果があります。
    つまり新たな色素沈着(=黒ずみの進行)を予防する効果もあるのです。

     

    保湿効果

    乳首だけでな肘や膝などを含んだ全身に言えることですが、
    乾燥した肌は、それだけで黒ずんで見えてしまいます。
    逆に、お風呂上がりの肌の様に、水分に満ちた肌の色は明るく艶やかです。

     

    天然保湿因子(肌自身が作り出す保湿成分)に近い成分を持つホエイは、
    肌となじみがよく、お肌の水分を保持するだけでなく、お肌の柔軟性と弾力性を保ってくれます。
    また、乾燥した皮膚表面を潤わせることで摩擦低減にも繋がるので、
    インナーなどで起こしやすい日々の炎症から来る色素沈着も防げます。

     

    乳首の黒ずみの原因は「メラニンの蓄積」

    ホエイには、乳首の黒ずみの原因となる「蓄積された古いメラニン」と「新たなメラニンの定着」両方に
    働きかける効果が期待できるので、まさに乳首をピンクにするのにうってつけと言えます。

     

    しかも、一番乳首の黒ずみに悩まされる妊娠・授乳期でも、安心して使えるのは嬉しいですね。